虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ!

司法書士試験、行政書士試験等向け。javaScript版の穴埋め条文、判例。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

民法 第258条(裁判による共有物の分割)

第258条(裁判による共有物の分割)
1 共有物の分割について共有者間に が調わないときは、その分割を に請求することができる。
2 前項の場合において、共有物の現物を分割することができないとき、又は分割によってその価格を著しく減少させるおそれがあるときは、裁判所は、その競売を命ずることができる。

重要度:3

メモ書き:
(1)共有物分割は、協議によるのが原則だが、協議が調わないときは、裁判所による分割が出来る。
(2)協議による分割の方法は、現物分割、代金分割、価格賠償の方法がある。
(3)裁判所による分割の方法は、現物分割(部分的価格賠償、全面的価格賠償)、競売による代価分割の方法がある。

(4)判例
1. 第三者が、共同相続人の一部の者から分割前の遺産を構成する特定不動産の共有持分を譲り受けた場合に、当該共有関係の解消を求める方法として裁判上とるべき手続は、907条に基づく遺産分割審判ではなく、258条に基づく共有物分割訴訟である。(最判昭50・11・7)[11-22-ウ, 15-23-ア, 17-24-ウ]

2. 遺産相続により相続人の共有となった財産の分割については、258条による共有物分割請求の訴えではなく、家事審判法による家庭裁判所の審判によるべきである。(最判昭62・9・4)[17-10-イ]

(5)出題過去問の番号:[4-11-エ, 11-22-ウ, 15-23-ア, 17-10-イ, 17-24-ウ]

(6)過去問
1. A及びBは甲建物を共有しているが,その持分はAが3分の2,Bが3分の1である。A・B問で甲建物の分割協議が調わない場合,Aは裁判所に分割を請求することができるが,Bは請求することができない。
[4-11-エ]

2. 甲土地を所有していたAが死亡し,Aの子B,C及びDが甲土地を相続し,相続を原因とする所有権の移転の登記をした。その後,遺産分割前に,Bが甲土地についての持分をEに譲渡し,Eに対する持分の移転の登記を行った。この場合,Eは,甲土地について共有物分割の訴えを提起することができる。
(上記判例1参照)[17-24-ウ]

3. A,B及びCが父親Ⅹから甲土地を共同相続した(相続分は平等であり,遺産分割協議は未了である。)。A,B及びCの問で甲土地の分割について協議が調わない場合に,甲土地の共有関係を解消するためには,家庭裁判所に対して遺産分割を請求すべきであり,地方裁判所に対して共有物分割請求の訴えを提起しても,その訴えは,不適法である。
(上記判例2参照)[17-10-イ]

(7)追記:
上記1,2の判例を中心に出ているようです。1,2の判例は、対比して見比べれば、理解しやすいと思います。
スポンサーサイト

別窓 | 民法物権 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<民法 第259条(共有に関する債権の弁済) | 虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ! | 民法 第257条>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。