虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ!

司法書士試験、行政書士試験等向け。javaScript版の穴埋め条文、判例。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

民法 第255条(持分の放棄及び共有者の死亡)

第255条(持分の放棄及び共有者の死亡)
共有者の一人が、その持分を放棄したとき、又は して がないときは、その持分は、他の共有者に帰属する。

重要度:4

メモ書き:
(1)持分を放棄したときに、その持分は、他の共有者に帰属することは問題ないが、死亡して相続人がないときに、常に他の共有者に帰属するかどうかは、958条の3との関係で問題になる。下記判例2参照。

(2)判例
1. 不動産の共有者の一人が持分を放棄した場合、他の共有者は放棄者に対して、持分権の移転登記手続を求めるべきであり、放棄者の持分権取得登記の抹消登記手続を求めることは許されない。(最判昭44・3・27)[63-8]

2. 共有者の一人が死亡し、相続人の不存在が確定したとき、その共有持分は他の相続財産とともに第958条の3の規定に基づく特別縁故者への財産分与の対象なるが、この財産分与がされず、なお相続財産が残存することが確定したときに初めて、本条が適用される。(最判平1・11・24)[61-7-3, 63-13-1]

(3)出題過去問の番号:[61-7-3, 63-8, 63-13-1]

(4)過去問
1. 共有者の1人が相続人なくして死亡したときは,その持分は国庫に帰属する。
[63-13-1]

2. 共有者の1人が相続人なくして死亡し,特別縁故者もいないときは,その持分は,他の共有者に帰属する。
(上記判例2参照)[61-7-3]

(5)追記:
民法と言うよりも不動産登記法で重要で、民法958条の3付近の条文と併せて本条文、上記判例2及び登記手続を押さえておいた方が良いように思います。
スポンサーサイト

別窓 | 民法物権 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<民法 第256条(共有物の分割請求) | 虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ! | 民法 第254条(共有物についての債権)>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。