虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ!

司法書士試験、行政書士試験等向け。javaScript版の穴埋め条文、判例。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

民法 第254条(共有物についての債権)

第254条(共有物についての債権)
共有者の一人が共有物について他の共有者に対して有する債権は、その に対しても行使することができる。

重要度:3

メモ書き:
(1)ここに言う債権には、共有物の管理・保管に関する費用の立替債権の他、共有物不分割特約や共有物分割契約による債権(最判昭34.11.26)も含まれる。

(2)出題過去問の番号:[1-7-4, 8-10-5, 17-10-オ]

(3)過去問
A,B及びCが父親Ⅹから甲土地を共同相続した(相続分は平等であり,遺産分割協議は未了である。)。AがBに対し甲土地についての管理費用の立替債権を有している場合において,BがDに甲土地の持分を譲渡したときは,Aは,Dに対し,当該管理費用の立替金の支払を請求することができる。
[17-10-オ]

(4)追記:
過去問は、共有土地の管理費用の立て替え債権が共有物についての債権であることを知っていればあとは条文通りの問題です。条文を押さえておけば問題ないと思います。
スポンサーサイト

別窓 | 民法物権 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<民法 第255条(持分の放棄及び共有者の死亡) | 虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ! | 民法 第253条(共有物に関する負担)>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。