虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ!

司法書士試験、行政書士試験等向け。javaScript版の穴埋め条文、判例。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

民法 第241条(埋蔵物の発見)

第241条(埋蔵物の発見)
埋蔵物は、遺失物法の定めるところに従い公告をした後六箇月以内にその所有者が判明しないときは、これを発見した者がその所有権を取得する。ただし、他人の所有する物の中から発見された埋蔵物については、これを発見した者及びその他人が等しい割合でその所有権を取得する。

重要度:1

メモ書き:
(1)埋蔵物を発見者等が取得する場合を規定。
(2)239条(無主物の帰属)、240条(遺失物の拾得)、241条(埋蔵物の発見)、242条(不動産の付合)で規定されている所有権の取得はいずれも承継取得ではなく、原始取得。

(2)出題過去問の番号:[60-13]

(3)追記:
昭和の時代に出題があります。今ではあまり問題にならないと思います。
スポンサーサイト

別窓 | 民法物権 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<民法 第242条(不動産の付合) | 虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ! | 民法 第240条(遺失物の拾得)>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。