虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ!

司法書士試験、行政書士試験等向け。javaScript版の穴埋め条文、判例。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

民法 第213条

第213条
1 分割によって公道に通じない土地が生じたときは、その土地の所有者は、公道に至るため、 を通行することができる。この場合においては、 を支払うことを要しない。
2 前項の規定は、土地の所有者がその土地の一部を譲り渡した場合について準用する。

重要度:4

メモ書き:
(1)土地の分筆によって袋地が生じた場合の囲繞地通行権と賞金について規定している。ある土地が囲繞地A地と袋地B地に分筆された場合、B地の所有者は、A地のみ通行でき、賞金の支払いは不要(第1項)。また、甲が囲繞地A地と袋地B地を所有していた場合に、袋地B地を乙に譲り渡した場合も同様に乙はA地のみを通行でき、賞金の支払は不要(第2項)

(2)判例
本条による囲繞地(残余地)に対する通行権は、残余地の所有者がこれを第三者に譲渡した場合にも消滅しない(最判平2・11・20)[1-8-5]。

(3)出題過去問の番号:[57-13-4, 61-22-4, 1-8-5, 5-16-ウ, 18-12]

(4)過去問
1. 一筆の土地が分割により公道に面するA土地と袋地であるB土地に分かれた場合において,A土地が第三者に譲渡されたときは,B土地の所有者はA土地以外の囲繞地についても囲繞地通行権を主張することができる。
(上記判例参照)[1-8-5]

2. 土地の所有者がその一部を分筆したうえ他人に売り渡した結果,残地が公道に通じない袋地となったときは,売主は,その譲渡した土地の上に通行権を有するが,買主に対しては償金を支払わなければならない。
[57-13-4]

(5)追記:
囲繞地通行権の中では良く出ている方だと思います。平成18年には上記判例を基にした学説問題も出ています。条文と判例自体はわかりやすいと思います。過去問は、問題文がややこしいものもありますが、きちんと読み込めば、解けると思います。
スポンサーサイト

別窓 | 民法物権 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<民法 第214条~第222条 | 虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ! | 民法 第212条>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。