虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ!

司法書士試験、行政書士試験等向け。javaScript版の穴埋め条文、判例。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

民法 第212条

第212条
第二百十条の規定による通行権を有する者は、その通行する他の土地の損害に対して なければならない。ただし、通路の開設のために生じた損害に対するものを除き、一年ごとにその償金を支払うことができる。

重要度:2

メモ書き:
(1)囲繞地通行権を有する者は、無料で通行できるわけではなく、土地の損害に対して賞金を支払わなければならないのが原則。ただし書きは支払うタイミングを規定。
(2)例外的に賞金を支払わなくて良い場合は、213条を参照

(2)出題過去問の番号:[1-8-4]

(3)過去問
袋地の所有者は,囲繞地の通行による損害につき囲繞地の所有者に対し償金を支払うことを要しない。
[1-8-4]

(4)追記
本条本文と但し書きはそれほど出ていないようです。どちらかというと、賞金を支払わなくて良い場合である213条が非常に良く出ています。213条の方には出しやすい論点があるからだと思います。
スポンサーサイト

別窓 | 民法物権 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<民法 第213条 | 虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ! | 民法 第211条>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。