虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ!

司法書士試験、行政書士試験等向け。javaScript版の穴埋め条文、判例。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

民法 第209条(隣地の使用請求)

第2款 相隣関係


第209条(隣地の使用請求)
1 土地の所有者は、境界又はその付近において障壁又は建物を築造し又は修繕するため必要な範囲内で、隣地の使用を請求することができる。ただし、隣人の承諾がなければ、その住家に立ち入ることはできない。
2 前項の場合において、隣人が損害を受けたときは、その償金を請求することができる。

重要度:1

メモ書き:
(1)出題過去問の番号:[5-16-オ]
(2)過去問:
土地の所有者は,境界において建物を修繕するため,必要な範囲内で隣地の使用を請求することができる。
[5-16-オ]
(3)追記
過去問がありますが、条文通りの出題です。あまり問題にならないものと思われます。
スポンサーサイト

別窓 | 民法物権 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<民法 第210条(公道に至るための他の土地の通行権) | 虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ! | 民法 第208条>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。