虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ!

司法書士試験、行政書士試験等向け。javaScript版の穴埋め条文、判例。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

民法 第206条(所有権の内容)

第3章 所有権


第1節 所有権の限界


第1款 所有権の内容及び範囲


第206条(所有権の内容)
所有者は、法令の制限内において、自由にその所有物の 及び処分をする権利を有する。

重要度:2

メモ書き:
(1)所有権の内容を規定している。所有権があると、自由に使用、収益、処分することができる。所有権絶対の原則に関連する。所有権はものを全面的に支配することができる完全な物権である。
(2)過去問:直接には無いと思います。
(3)追記:
占有権が終了し、所有権に入ってきました。この条文自体はそれほど問題にならないと思います。
スポンサーサイト

別窓 | 民法物権 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<民法 第207条(土地所有権の範囲) | 虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ! | 民法 第4節 準占有>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。