虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ!

司法書士試験、行政書士試験等向け。javaScript版の穴埋め条文、判例。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

民法 第160条(相続財産に関する時効の停止)

第160条(相続財産に関する時効の停止)
相続財産に関しては、 が確定した時、 が選任された時又は の決定があった時から六箇月を経過するまでの間は、時効は、完成しない。

重要度:2--

メモ書き:
(1)時効の停止事由の4つ目。
(2)出題過去問の番号:なし
(3)追記:
相続人とか、相続財産管理人とか雰囲気的には出ても良さそうですが、出てないです。私見ですが、かなり余裕があるならやって起きたい気もします。958条あたりといっしょにやりたいような気もします。
スポンサーサイト

別窓 | 民法物権 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<民法 第161条(天災等による時効の停止) | 虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ! | 民法 第2条(解釈の基準)>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。