虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ!

司法書士試験、行政書士試験等向け。javaScript版の穴埋め条文、判例。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

民法 第161条(天災等による時効の停止)

第161条(天災等による時効の停止)
時効の期間の満了の時に当たり、天災その他避けることのできない事変のため時効を中断することができないときは、その障害が消滅した時から二週間を経過するまでの間は、時効は、完成しない。

重要度:1

メモ書き:
(1)時効の停止事由の5つめ。
(2)天災・事変は時効の停止事由ぐらいは知っておいた方が良いんでしょうね。
(2)出題過去問の番号:なし。
(3)追記:
全く出てないようです。こういう全く出ていない条文をどれくらいやったらよいかは悩みどころです。2週間という期間が他とは違うので注意したい気はします。
スポンサーサイト

別窓 | 民法物権 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<民法 第162条(所有権の取得時効) | 虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ! | 民法 第160条(相続財産に関する時効の停止)>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。