虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ!

司法書士試験、行政書士試験等向け。javaScript版の穴埋め条文、判例。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

民法 第195条(動物の占有による権利の取得)

第195条(動物の占有による権利の取得)
家畜以外の動物で他人が飼育していたものを占有する者は、その占有の開始の時に善意であり、かつ、その動物が飼主の占有を離れた時から一箇月以内に飼主から回復の請求を受けなかったときは、その動物について行使する権利を取得する。

重要度:1--

メモ書き:
(1)特になし。
(2)出題過去問:なし
(3)追記:
見たことがない条文です。この条文の話は、どっかで聞いたことがありますね。野良猫と信じて飼い始めて1か月経過し、その間返還の請求を受けなかったら真の所有者が別にいても所有権を取得するという事なんだと思います。全く出題されていないので気にしなくても良いと思います。
スポンサーサイト

別窓 | 民法物権 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<民法 第196条(占有者による費用の償還請求) | 虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ! | 民法 第194条>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。