虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ!

司法書士試験、行政書士試験等向け。javaScript版の穴埋め条文、判例。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

民法 第192条(即時取得)

第192条(即時取得)
取引行為によって、平穏に、かつ、公然と動産の占有を始めた者は、善意であり、かつ、過失がないときは、即時にその動産について行使する権利を取得する。

重要度:5

メモ書き:
(1)即時取得(善意取得)の要件が記述された条文。取引の安全を図るために、動産の占有に公信力を認め、占有者が無権利者であってもを権利者と過失無く信じて取引した場合に、その信頼を保護し、取引した者に権利を取得させる制度。所有権の即時取得の場合には、一定の要件を満たすと、無権利者から動産を譲り受けた者はその動産の所有権を取得する。

(2)不動産の場合は、登記に公信力が認められないため登記された無権利者から善意無過失で所有権を譲り受けた場合であっても、原則として譲受人は所有権を取得できない(但し、真の所有者と当該無権利者との間に通謀に類似する事情があれば94条2項を類推適用し、所有権を取得することはある)。

(3)即時取得の要件
1. または からの取得であること
2. 行為によって占有を取得すること
3. 取引されたものが であること
4. 取得者が を取得すること
5. に占有を取得すること

(4)即時取得が成立するためには、取引行為自体は有効である必要がある。従って、取引行為に錯誤無効があったり、行為能力の制限を理由に取り消された場合は即時取得制度の適用はない。
(5)平穏、公然、善意は推定されるか→ 。無過失は推定されるか→ 。従って即時取得者の側においてこれらの事柄を立証する必要はない。
(6)即時取得できる権利は何か→所有権、質権、譲渡担保権。

(7)判例

1. 本条は、無過失で不動産を買い受けた後、その不動産上の立木を伐採したような場合には適用されない(大判明35・10・14)(大判昭7・5・18)[13-7-イ, 63-10-4]。
2. 本条は、占有改定による即時取得には適用されない(最判昭35・2・11)[5-9-エ, 12-12, 17-9-ウ, 62-13-12]。
3. 本条にいう善意・無過失とは、動産の占有を始めた者において、取引の相手方がその動産につき無権利者でないと誤信し、かつ、このように信ずるにつき過失のなかったことを意味し、その動産が盗品であってもそれ以上の要件を必要としない(最判昭26・11・27)[17-9-イ]
4. 即時取得を主張する占有者は、188条の推定規定により、無過失を立証する責任を負わない(最判昭41・6・9)[20-11-ア, 5-9-オ]
5. 本条の取引には強制競売によって所有権を取得した場合も含まれる(最判昭42・5・30民集21-4-1011)[13-7-ウ]。
6. 指図による占有移転の場合も本条の適用がある(最判昭57・9・7)[16-13-オ]。
7. 道路運送車両法により登録された自動車に本条は適用されない(最判昭62・4・24)[5-9-ア, 18-15-オ]
8. 即時取得が成立するための要件である「占有の取得が平穏・公然・善意・無過失になされること」は、その占有を取得した時にあれば足りる(大判明32.3.16)[58-12-5, 17-9-イ]。

(8)過去問の番号:[16-14-ウ, 13-7-イ, 63-10-4, 5-9-エ, 12-12, 17-9-ウ, 62-13-12, 17-9-イ, 20-11-ア, 5-9-オ, 13-7-ウ, 16-13-オ, 5-9-ア, 18-15-オ, 5-9-ウ, 20-11-エ, 58-12-5]等多数(一部です)

(9)過去問
1. 次の学生の解答は正しいか。
教授:無権利者から善意無過失で山林を買い受けた後,その山林の立木を伐採した場合は,即時取得は成立しますか。
学生:その場合は,取引行為によって立木の占有を開始した場合と同視することができるので,即時取得が成立します。
(上記1の判例参照)[13-7-イ]

2. Aの所有する甲動産を保管しているBが,甲動産を自己の所有物であると偽ってCに売却し,占有改定により甲動産を引き渡した場合には,Cは,Bが所有者であると信じ,かっ,そう信じるにつき過失がないときであっても,その時点で甲動産を即時取得することはできない。
(上記2の判例参照)[17-9-ウ]

3. 次の学生の解答は正しいか。
教授:AがBから預かっていたビデオカメラをBに無断でCに譲渡した場合,Cは無権利者からの譲受人であるから,原則として所有権を取得することができませんが,どのような場合に所有権を取得することができますか。
学生:即時取得が成立する場合に所有権を取得することができます。即時取得が成立するためには,Cは前主が処分権限を有しないことについて善意無過失である必要があります。善意については推定されますが,無過失については,判例上,推定されないこととされています。
(上記4の判例参照)[20-11-ア]

4. 次の学生の解答は正しいか。
教授:それでは,強制競売によって無権利者から動産を買い受けた場合,即時取得は成立しますか。
学生:いいえ。強制競売は,任意で行われた取引行為ではないので,即時取得は成立しません。
(上記5の判例参照)[13-7-ウ]

5. AがBに対して甲動産を貸し渡している。Aは,Gに甲動産を譲渡し,Bに対し,以後Gのために甲動産を占有すべき旨を命じた。甲動産は,Aが他人から預かっていたものであった。この場合には,Gは,甲動産がAの所有物であると誤信し,そのことにつき無過失であれば,甲動産の所有権を取得する。
(上記6の判例参照)[16-13-オ]

6. 次の学生の解答は正しいか。
教授:AB間の売買契約の目的動産が自動車であったとして,代金の支払を怠っているBが当該自動車をCに転売して引き渡したという事例で、その自動車についてA名義で道路運送車両法に基づく登録がされているとすれば,即時取得の点はどうなりますか。
学生:登録されている自動車についても即時取得の規定は適用されますが,CにはBが所有権を有しないことを知らなかったことにつき過失があることが多いと思いますので,その場合には即時取得は成立しません。
(上記7の判例参照)[18-15-オ]

7. AがBの無権代理人CからB所有の宝石を買い受けた場合に,Cの無権代理について善意・無過失であるときは,その宝石を即時取得することができる。
(即時取得が成立するためには取引行為自体は有効に成立している必要がある)[5-9-ウ]

8.次の学生の解答は正しいか。
教授:では,本人の代理人から動産を買い受けたところ,本人がその動産の所有者でなかった場合,即時取得は成立するでしょうか。
学生:無権利者から買い受けた場合ですので,善意無過失であるときは,即時取得が成立します。
(有効な代理行為であり取引自体は有効)[13-7-オ]

9. 次の学生の解答は正しいか。
教授:即時取得によって取得することができる権利は,どのような権利ですか。
学生:即時取得は,無権利者から動産を買い受けた譲受人を保護するための制度ですから,取得することができる権利の対象は所有権です。無権利者が動産を質入れした場合には,その相手方が質権を取得することはなく,当然ながら所有権を取得することもありません。
[20-11-エ]。

10. 動産の買主がその引渡しを受けたときに,その動産が売主の所有に属しないことにつき善意であっても,その後悪意となったときには,即時取得の効力は失われる。
(上記8の判例参照)[58-12-5]。

(10)追記:
占有権の山場の一つであるだけに、とても大変で、記事を書くのに3時間位かかりました。即時取得は民法全体としても重要な制度であるようで、過去問もとても多いです。問題としては、即時取得の要件と、判例を押さえておけば解ける問題は多いと思います。自分は、無権代理と即時取得を絡めた問題がちょっと苦手です。今回は書きませんでしたが、学説問題が出る可能性があるのでいずれにしろ要注意だと思います。
スポンサーサイト

別窓 | 民法物権 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<民法 第193条(盗品又は遺失物の回復) | 虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ! | 民法 第191条(占有者による損害賠償)>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。