虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ!

司法書士試験、行政書士試験等向け。javaScript版の穴埋め条文、判例。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

民法 第164条(占有の中止等による取得時効の中断)

第164条(占有の中止等による取得時効の中断)
第162条(所有権の取得時効) の規定による時効は、占有者が任意にその占有を し、又は他人によってその占有を ときは、中断する。

重要度:2++

メモ書き:
(1)147条(①請求、②差押え・仮差押え、仮処分、③承認)以外の時効の中断事由。占有は、占有者の占有の中止、または他人に占有を奪われたら中断する。
(2)占有を奪われた場合は、占有回収の訴え(200条)により占有を回復すると、占有は継続されていたものとみなされる→時効取得の主張可能。占有権の消滅(203条)も参照。
(3)過去問:直接にはないと思います。
スポンサーサイト

別窓 | 民法物権 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<民法 第165条 | 虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ! | 民法 第163条(所有権以外の財産権の取得時効)>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。