虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ!

司法書士試験、行政書士試験等向け。javaScript版の穴埋め条文、判例。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

民法 第190条(悪意の占有者による果実の返還等)

第190条(悪意の占有者による果実の返還等)
1 悪意の占有者は、果実を し、かつ、既に し、過失によって し、又は収取を怠った果実の代価を償還する義務を負う。
2 前項の規定は、 若しくは強迫又は隠匿によって占有をしている者について準用する。

重要度:3-

メモ書き
(1)善意の占有者は果実を取得するが、悪意の場合は返還必要。また、果実の消費、損傷等の場合は代価の返還が必要。悪意でなくても、暴行、脅迫等の場合も同じ。
(2)2項は、直接には出てないと思います。

(3)過去問
善意の占有者は,本権の訴えで敗訴した場合であっても,訴えの提起の時までの間に占有物から生じた果実を消費していたときは,その果実の代価を償還する義務を負わない。
(訴えの提起前:償還不要、提起後:償還必要)[14-11-ア]。
スポンサーサイト

別窓 | 民法物権 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<民法 第191条(占有者による損害賠償) | 虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ! | 民法 第189条(善意の占有者による果実の取得等)>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。