虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ!

司法書士試験、行政書士試験等向け。javaScript版の穴埋め条文、判例。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

民法 第168条(定期金債権の消滅時効)

第168条(定期金債権の消滅時効)
1 定期金の債権は、第一回の弁済期から 間行使しないときは、消滅する。最後の弁済期から十年間行使しないときも、同様とする。
2 定期金の債権者は、時効の中断の証拠を得るため、いつでも、その債務者に対して承認書の交付を求めることができる。

重要度:1

メモ書き:
(1)あまり問題にならないと思います。
(2)過去問:ないはずです。
スポンサーサイト

別窓 | 民法総則 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<民法 第169条(定期給付債権の短期消滅時効) | 虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ! | 民法 第167条(債権等の消滅時効)>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。