虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ!

司法書士試験、行政書士試験等向け。javaScript版の穴埋め条文、判例。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

民法 第184条(指図による占有移転)

第184条(指図による占有移転)
代理人によって占有をする場合において、本人がその代理人に対して以後第三者のためにその物を占有することを命じ、その がこれを承諾したときは、その第三者は、占有権を取得する。

重要度:3++

メモ書き:
(1)占有代理人によって占有されている場合の占有移転の方法が、指図による占有移転。本人が命じるのは、占有代理人に対してだが、承諾するのは、占有移転を受ける第三者であることに注意。

(2)過去問
AがBに対して甲動産を貸し渡している。Aが,Fに甲動産を譲渡し,Bに対し,以後Fのために甲動産を占有すべき旨を命じたところ,Bは,Fと不仲であるとして,これを拒絶した。この場合には,Fは,甲動産に対する占有権を取得しない。
(占有代理人であるBの承諾は不要)[16-13-エ]
スポンサーサイト

別窓 | 民法物権 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<民法 第185条(占有の性質の変更) | 虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ! | 民法 第183条(占有改定)>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。