虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ!

司法書士試験、行政書士試験等向け。javaScript版の穴埋め条文、判例。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

民法 第180条(占有権の取得)

第180条(占有権の取得)
占有権は、 のためにする意思をもって物を することによって取得する。

重要度:3++

メモ書き:
(1) 人が物を事実上占有している状態を権利として認め保護するというのが本条の趣旨。本条には、占有権取得の要件が記述されている。自己のためにする意思(主観的要件:占有意思)をもって物を所持すること(客観的要件)が要件。

(2)過去問
意思無能力者は,法定代理人によって物の占有を取得することができるが,物を自ら所持することによっては,その占有を取得することができない→ (意思無能力者は主観的要件である占有意思がないから)[1-6-1]。
スポンサーサイト

別窓 | 民法物権 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<民法 第181条(代理占有) | 虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ! | 民法 第179条(混同)>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。