虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ!

司法書士試験、行政書士試験等向け。javaScript版の穴埋め条文、判例。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

民法 第370条(抵当権の効力の及ぶ範囲)

第370条(抵当権の効力の及ぶ範囲)
抵当権は、抵当地の上に存する建物を除き、その目的である不動産(以下「抵当不動産」という。)に となっている物に及ぶ。ただし、 に別段の定めがある場合及び第424条の規定により債権者が債務者の行為を取り消すことができる場合は、この限りでない。

重要度:4

メモ書き:
(1)抵当権の効力は目的不動産の付加一体物に及ぶ。ただし次の場合は除く。
1. 242条但し書きの場合(他人が権原(地上権等)によって付属させた場合。不動産の構成物となった場合などのように強い附合を除く)。地上権者が植栽した立木等がその例。
2. 設定行為に別段の定めがある場合(土地の立木に抵当権の効果は及ばない等、登記事項になる)。
3. 424条の規定により債権者が債務者の行為を取り消すことができる場合
(2)抵当権の効力が及ぶ場合(付加一体物)
1. 不動産の附合物(242条但し書きの場合を除く)
2. 不動産の従物(後述する争いあり)
3. 従たる権利(抵当権が設定された賃借地上の建物の賃借権等)
(3)従物に抵当権の効力が及ぶかの学説
1. 通説  付加一体物=附合物+従物。従物に抵当権の効力が及ぶ。
2. 反対説 付加一体物=附合物。従物は付加一体物に含まれない。87条2項の「処分」の解釈の問題として考える。
a. 「処分」は抵当権の設定と考える:抵当権設定時の従物に抵当権の効力が及ぶ。設定後の従物には及ばない。
b. 「処分」は抵当権の設定から実行までと考える:抵当権設定の前後を問わず抵当権の効力が及ぶ。
(3)次のものは土地の従物、強い附合物、弱い附合物のいずれか。
1. 樹木:
2. 石垣:
3. 石灯籠:
4. 取り外しの容易な庭石:
(4)次のものは建物の従物、強い附合物、弱い附合物のいずれか。
1. 畳:
2. 障子:
3. ガソリンスタンド用店舗建物に設置された地下タンク・ノンスペ―ス型計量器、洗車機等:
4. 雨戸:
5. 入口の扉:

(4)判例
1. 抵当権の効力は、抵当権設定当時抵当不動産の従物であった動産に (大判大8・3・15)。

2. 植木および取りはずし困難な庭石は宅地の であり、石燈籠および取りはずしのできる庭石は宅地の である。右宅地に対する根抵当権の効力は、右構成部分および従物に及ぶ(最判昭44・3・28)[5-12-イ]。

3. 借地人が所有するガソリンスタンド用店舗建物に抵当権を設定した場合、抵当権の効力はその建物の従物である地下タンク、ノンスペ―ス型計量機、洗車機などに (最判平2・4・19)。

4. 土地賃借人が賃借土地上に所有する建物について抵当権を設定した場合には、抵当権の効力は右建物の所有に必要な賃借権に (最判昭40・5・4)[5-12-ア, 17-14-ア, 63-9-2]。

(5)出題過去問の番号:[57-17-1, 59-15, 59-19-1, 63-9-25, 4-19-ウエ, 5-12-アイオ, 9-14, 14-5, 16-9, 17-14-ア]

(6)過去問
1. 建物及びその中にある一切の家財道具を目的として抵当権を設定することはできない。
(抵当権を設定できるのは登記登録ができるものに限られる。但し、建物に設定すれば建物の従物には及ぶ場合がある(上記判例1参照)) [57-17-1]

2. 賃貸建物に設定された抵当権の効力は,賃借人がその建物に備え付けて供用している機械にも及ぶ。
(242条但し書き)[63-9-5]

3. 土地に設定された抵当権は,その土地の地上権者の植栽した樹木には及ばない。
[5-12-オ]

4. 甲は自己所有のA土地を目的として乙との問で抵当権設定契約をし,その登記がされた。抵当権設定後に丙が甲から建物所有の目的でA土地を賃借し,その地上に石灯寵を据え付けた場合,抵当権の効力はその石灯龍にも及ぶ。
(所有者が異なるので従物ではなく、370条の付加一体物でもない。242条但し書きの適用もない)[59-19-1]

5. 土地に設定された抵当権は,その設定前にその土地上にある石灯寵や取り外しのできる庭石には及ばない
(従物、上記判例2)[5-12-イ]

6. 土地の賃借人の所有する建物に設定された抵当権が実行された場合には,その建物の敷地の賃借権は,その土地の所有者の承諾を条件として競落人に移転する。
(従たる権利、上記判例4参照)[17-14-ア]

(7)追記
過去問、論点もたくさんありとっても重要だと思います。また、掲載しませんでしたが、学説問題もたくさんありますので[59-15, 9-14, 14-5, 16-9]ご確認いただけたらと思います。
スポンサーサイト

別窓 | 民法物権 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<民法 第371条 | 虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ! | 民法 第369条(抵当権の内容)>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。