虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ!

司法書士試験、行政書士試験等向け。javaScript版の穴埋め条文、判例。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

民法 第366条(質権者による債権の取立て等)

第366条(質権者による債権の取立て等)
1 質権者は、質権の目的である債権を直接に ことができる。
2 債権の目的物が金銭であるときは、質権者は、自己の に対応する部分に限り、これを取り立てることができる。
3 前項の債権の弁済期が質権者の債権の弁済期前に到来したときは、質権者は、第三債務者にその弁済をすべき金額を させることができる。この場合において、質権は、その について存在する。
4 債権の目的物が金銭でないときは、質権者は、弁済として受けた について質権を有する。

重要度:4

メモ書き:
(1)債権質以外の担保権では、担保権の実行方法は、民事執行法の手続きにのっとり差押をして、競売等の手続きにより換価し弁済を受けるのが原則。
(2)債権質では、(1)以外に本条に従い直接取り立てをすることができる。
(3)債権が動産の引渡請求権であるときは、その動産を直接に債務者から取り立てその後は、動産を目的とする物上質になる。
(4)債権が金銭債権であるときは、金銭の支払いを受けることができ自己の債権の弁済にあてることができる。被担保債権の弁済期が到来してないときは、供託を請求することができ、供託後は、供託金還付請求権を目的とする質権になる。

(5)出題過去問の番号:[61-6-124, 1-10-4, 14-7-ア, 19-13-ウ]

(6)過去問
1. Aは,Bに対して100万円を貸し付け,その貸金債権を担保するために,BがCに対して有する50万円の賃金債権に質権を設定した。Cが質権の設定を承諾していた場合において,Bが弁済期日までにAに対する弁済をせず,かつ,BC問の貸金債権の弁済期が到来しているときは,Aは,Cに対し,自分に50万円を支払うよう請求することができる。
[14-7-ア]

2. 債権の質権者が質権を実行するには,民事執行法に定める手続に従って目的債権を換価しなければならない。
[1-10-4]

3. 動産の給付を目的とする債権の質権者は,被担保債権の弁済期が到来したときは,第三債務者からその動産の引渡しを受け,これを自己の所有とすることにより,被担保債権の弁済に充てることができる。
[61-6-4]

(7)追記:
質権の目的である権利が金銭債権の場合に、民事執行法の手続きによらないで、直接取り立て自己の債権の弁済にあてられることは異例の事態であるとされているようです。従ってこの部分が出やすいのだと思います。債権質を民事執行法の手続きにより実行する方法(債権執行)も、民事執行法で勉強すると思いますので、その時に債権質を思い出していただければと思います。
スポンサーサイト

別窓 | 民法物権 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<民法 第369条(抵当権の内容) | 虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ! | 民法 第365条(指図債権を目的とする質権の対抗要件)>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。