虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ!

司法書士試験、行政書士試験等向け。javaScript版の穴埋め条文、判例。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

民法 第363条(債権質の設定)

第363条(債権質の設定)
債権であってこれを譲り渡すにはその証書を交付することを要するものを質権の目的とするときは、質権の設定は、その することによって、その効力を生ずる。

重要度:3

メモ書き:
(1)逆にいうと、譲り渡す際に証書の交付を要しないものを質権の目的とするときは、合意のみで成立するということ。債権質の場合は要物契約性が緩和されているといえると思います。

(2)出題過去問の番号:[19-13-ア, 14-7-イ]

(3)過去問
1.次の学生の解答は正しいか。
教授:指名債権である金銭債権を担保に供する手法としては,まず,債権の質入れが考えられますね。この債権質は,設定当事者間の合意のみで効力を生ずるのですか。
学生:当事者間の合意のみで効力を生ずるのが原則ですが,目的債権について証書がある場合には,その証書を交付しなければ質権の効力が生じません。
(譲り渡す際に証書を交付することを要する場合に必要)[19-13-ア]

2. Aは,Bに対して100万円を貸し付け,その貸金債権を担保するために,BがCに対して有する50万円の賃金債権に質権を設定した。BC間の消費貸借について借用証書が作成されていたが,Aが質権を設定するに際し借用証書は不要と考えてBからその交付を受けなかった場合,Cが質権の設定を承諾していたときに限り,Aは,BC問の賃金債権に対する質権を行使することができる。
(借用証書の交付は不要でCの承諾に関係なく質権を行使できる)[14-7-イ]

(4)追記:
債権質の効力発生要件は、動産質とも、不動産質とも異なりますが、特に問題ないと思います。次条の対抗要件も重要なので併せて確認しておくとよいと思います。
スポンサーサイト

別窓 | 民法物権 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<民法 第364条(指名債権を目的とする質権の対抗要件) | 虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ! | 民法 第362条(権利質の目的等)>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。