虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ!

司法書士試験、行政書士試験等向け。javaScript版の穴埋め条文、判例。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

民法 第359条(設定行為に別段の定めがある場合等)

第359条(設定行為に別段の定めがある場合等)
前三条の規定は、設定行為に別段の定めがあるとき、又は担保不動産収益執行(民事執行法(昭和五十四年法律第四号)第百八十条第二号に規定する担保不動産収益執行をいう。以下同じ。)の開始があったときは、適用しない。

重要度:2

メモ書き:
(1)すでに356条~358条で書いたように設定行為で別段の定めができ、そのときは登記事項になります。

(2)過去問の番号:直接はないですが、関連する過去問の番号は[2-8-5, 3-10-ウ, 7-17-ウ, 15-14-ウ]。

(3)追記:
メモ書きの(1)ぐらいを押さえておけばあとは特に良いと思います。
スポンサーサイト

別窓 | 民法物権 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<民法 第360条(不動産質権の存続期間) | 虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ! | 民法 第358条(不動産質権者による利息の請求の禁止)>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。