虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ!

司法書士試験、行政書士試験等向け。javaScript版の穴埋め条文、判例。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

民法 第326条、第328条、第329条

第326条(不動産保存の先取特権)
不動産の保存の先取特権は、不動産の保存のために要した費用又は不動産に関する権利の保存、承認若しくは実行のために要した費用に関し、その不動産について存在する。

第327条(不動産工事の先取特権)
1 不動産の工事の先取特権は、工事の設計、施工又は監理をする者が債務者の不動産に関してした工事の費用に関し、その不動産について存在する。
2 前項の先取特権は、工事によって生じた不動産の価格の増加が現存する場合に限り、その増価額についてのみ存在する。

第328条(不動産売買の先取特権)
不動産の売買の先取特権は、不動産の代価及びその利息に関し、その不動産について存在する。

重要度:2+

メモ書き:
(1)それぞれ不動産保存・工事・売買の先取特権について、被担保債権とその目的を規定。
(2)次の事項は登記事項となります。
1. 不動産保存の先取特権:債権額、債務者
2. 不動産工事の先取特権:工事費用の予算額、債務者
3. 不動産売買の先取特権:債権額、債務者、利息

(3)出題過去問の番号:直接には無いようです。

(4)追記:
民法では出ていないようですが、登記事項は不動産登記法では出ていますので、登記事項は覚えてあとは参考程度だと思います。
スポンサーサイト

別窓 | 民法物権 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<民法 第329条(一般の先取特権の順位) | 虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ! | 民法 第325条(不動産の先取特権)>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。