虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ!

司法書士試験、行政書士試験等向け。javaScript版の穴埋め条文、判例。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

民法 第319条(即時取得の規定の準用)

第319条(即時取得の規定の準用)
第192条から第195条までの規定は、第312条から前条までの規定による先取特権について準用する。

重要度:3++

メモ書き:
(1)192条は、即時取得の規定で、193条、194条は盗品、遺失物の場合の即時取得の特則。
(2)312条~前条までというのは、動産の先取り特権のうちの1号(不動産賃貸借の先取特権)、2号(旅館の宿泊の先取り特権)、3号(旅客または荷物の運輸の先取特権)の3つのこと。
(3)賃貸建物に備え付けられた動産が債務者所有のものでなくても、賃貸人が過失なく債務者の所有であると信じたらその動産について先取特権が成立する。

(4)過去問
1不動産賃貸の先取特権は,賃借人が第三者から預って賃借不動産内に保管している動産には及ばない。
[10-12-エ]

2. 賃借人が賃借不動産に備え付けた動産が賃借人の所有物でない場合には,賃貸人がこれを賃借人の所有物であると過失なく誤信したときであっても,当該動産について,不動産賃貸の先取特権は成立しない。
[16-14-ウ]

(5)追記:
本条と330条当たりが動産の先取特権の中で重要だけど間違いやすい、従って出しやすい規定ではないかと思います。
スポンサーサイト

別窓 | 民法物権 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<民法 第320条(動産保存の先取特権) | 虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ! | 民法 第317条(旅館宿泊の先取特権)>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。