虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ!

司法書士試験、行政書士試験等向け。javaScript版の穴埋め条文、判例。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

民法 第313条(不動産賃貸の先取特権の目的物の範囲)

第313条(不動産賃貸の先取特権の目的物の範囲)
1 土地の賃貸人の先取特権は、その土地又はその利用のための建物に 、その土地の利用に供された動産及び賃借人が占有するその土地の果実について存在する。
2 建物の賃貸人の先取特権は、賃借人がその建物に について存在する。

重要度:3

メモ書き:
(1)動産の先取特権だといいながら、不動産賃貸の先取特権などとといっているので何だか解りにくい感じがします。2項の建物の賃貸借で言うと、賃料その他賃貸借関係から生じる債権を被担保債権として、その建物に備え付けた動産に対して先取特権を行使できるということになります。

(2)出題過去問の番号:直接にはないと思います。

(3)追記:
直接の出題は無いようですが、後述する、319条(即時取得の規定の準用)、第333条(先取特権と第三取得者)で問題となるので、知っておくべきであると思います。
スポンサーサイト

別窓 | 民法物権 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<民法 第314条、民法 第315条(不動産賃貸の先取特権の被担保債権の範囲) | 虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ! | 民法 第312条(不動産賃貸の先取特権)>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。