虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ!

司法書士試験、行政書士試験等向け。javaScript版の穴埋め条文、判例。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

民法 第296条(留置権の不可分性)

第296条(留置権の不可分性)
留置権者は、債権の全部の を受けるまでは、留置物の についてその権利を行使することができる。

重要度:3

メモ書き:
(1)留置権の不可分性の明文規定。他の典型担保権から準用されている(先取特権(305条)、質権(350条)、抵当権(372条))。
(2)留置権者は、債権の全部の弁済を受けるまでは、留置物の全部を留置することが出来る。
(3)留置権には、不可分性はあるが、他の担保権と異なり、物上代位性と、優先弁済的効力がない事に注意。
(4)本規定は任意規定であり特約で廃することが出来る。

(5)判例
留置権者が留置物の一部を債務者に引き渡した場合でも、留置権者は債権の全部の弁済を受けるまでの間留置物の残部につき留置権を行使することができる(最判平3・7・16)[10-11-エ]。

(6)出題過去問の番号:[61-2-1, 10-11-エ, 14-10-ウ, 16-14-ア, 19-11-エ]

(7)過去問:
1. 留置権者は,被担保債権の全部の弁済を受けるまで目的物を留置することができる。
[19-11-エ]

2. 先取特権は,その被担保債権の全部の弁済を受けるまで,目的物の全部につき効力が及び,約定担保物権である抵当権とは異なり,当事者の特約によってこの性質を排除することはできない。
[16-14-ア]

3. 留置権者は,債権の弁済を受けないまま留置物の一部を債務者に引き渡した場合であっても,債権全額の弁済を受けるまでは,留置物の残部につき留置権を主張することができる。
(上記判例参照)[10-11-エ]

(8)追記:
留置権に不可分性があるかどうかについては、他の担保物権と比較して出題されていますが、よく出ている方だと思います。平成16年の過去問は、最初に見たときは全然わかりませんでした。テキストにも載っていない論点なので、平成16年の本試験では、難易度の高い肢の一つじゃなかったのかと思います。
スポンサーサイト

別窓 | 民法物権 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<民法 第297条(留置権者による果実の収取) | 虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ! | 民法 第295条(留置権の内容)の続き>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。