虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ!

司法書士試験、行政書士試験等向け。javaScript版の穴埋め条文、判例。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

民法 第293条

第293条
地役権者がその権利の一部を行使しないときは、その部分のみが時効によって消滅する。

重要度:3

メモ書き
(1)例えば地役権者が幅1.5m幅の通行地役権を有している場合において、1m幅の道路しか解説しなかったら、0.5mについて地役権が時効消滅する。

(2)過去問の番号:[20-12-エ, 2-4-2, 57-13-3]

(3)過去問
1. 地役権者が,その権利の一部を行使しないときは,地役権はその部分のみが時効によって消滅する。
[20-12-エ]

2. 一筆の土地の一部を承役地として通行地役権を設定することはできるが,通行地役権者が承役地の一部をまったく通行の用に供しない場合には,その部分についてのみ時効によって地役権が消滅することがある。
[57-13-3]

(4)追記:
メモ書き(1)の通行地役権の事例で理解すると良いと思います。過去問も問題ないと思います。
スポンサーサイト

別窓 | 民法物権 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<民法 第294条(共有の性質を有しない入会権) | 虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ! | 民法 第292条>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。