虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ!

司法書士試験、行政書士試験等向け。javaScript版の穴埋め条文、判例。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

民法 第289条(承役地の時効取得による地役権の消滅)

第289条(承役地の時効取得による地役権の消滅)
承役地の占有者が取得時効に必要な要件を具備する占有をしたときは、地役権は、これによって する。

重要度:2++

メモ書き:
(1)承役地を第三者が時効取得すると地役権は消滅するのが原則。

(2)判例
承役地の時効取得者が地役権の負担を伴うものとして占有した場合,地役権は消滅しない(大判大9.7.16)。

(3)過去問:
甲土地を所有するAは,Bが所有する乙土地を通行する権利を有している。この通行権が通行地役権であるか相隣関係にもとづく公道に至るための他の土地の通行権(以下,囲繞地通行権という。)であるかによって結論は異なるか。
a. 第三者が乙土地の所有権を時効取得した場合に,Aの通行権が消滅することがあるか。
(地役権の場合は消滅する場合あり。囲繞地通行権は消滅しない)[7-13-エ]

(4)追記:
特になし。過去問も問題ないと思います。
スポンサーサイト

別窓 | 民法物権 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<民法 第290条 | 虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ! | 民法 第288条(承役地の所有者の工作物の使用)>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。