虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ!

司法書士試験、行政書士試験等向け。javaScript版の穴埋め条文、判例。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

民法 第270条~第279条

第5章 永小作権


第270条(永小作権の内容)
永小作人は、小作料を支払って他人の土地において耕作又は牧畜をする権利を有する。

第271条(永小作人による土地の変更の制限)
永小作人は、土地に対して、回復することのできない損害を生ずべき変更を加えることができない。

第272条(永小作権の譲渡又は土地の賃貸)
永小作人は、その権利を他人に譲り渡し、又はその権利の存続期間内において耕作若しくは牧畜のため土地を賃貸することができる。ただし、設定行為で禁じたときは、この限りでない。

第273条(賃貸借に関する規定の準用)
永小作人の義務については、この章の規定及び設定行為で定めるもののほか、その性質に反しない限り、賃貸借に関する規定を準用する。

第274条(小作料の減免)
永小作人は、不可抗力により収益について損失を受けたときであっても、小作料の免除又は減額を請求することができない。

第275条(永小作権の放棄)
永小作人は、不可抗力によって、引き続き三年以上全く収益を得ず、又は五年以上小作料より少ない収益を得たときは、その権利を放棄することができる。

第276条(永小作権の消滅請求)
永小作人が引き続き二年以上小作料の支払を怠ったときは、土地の所有者は、永小作権の消滅を請求することができる。

第277条(永小作権に関する慣習)
第二百七十一条から前条までの規定と異なる慣習があるときは、その慣習に従う。

第278条(永小作権の存続期間)
1 永小作権の存続期間は、二十年以上五十年以下とする。設定行為で五十年より長い期間を定めたときであっても、その期間は、五十年とする。
2 永小作権の設定は、更新することができる。ただし、その存続期間は、更新の時から五十年を超えることができない。
3 設定行為で永小作権の存続期間を定めなかったときは、その期間は、別段の慣習がある場合を除き、三十年とする。

第279条(工作物等の収去等)
第二百六十九条の規定は、永小作権について準用する。

重要度:2

メモ書き:
(1)小作料は契約の要素である(270条)。
(2) 永小作権は物権であるが,他人への権利の譲渡,賃貸を禁止する旨の特約をすることができ(民第272条ただし書),この特約は登記することによって第三者に対抗することができるようになる。
(3)地代についての274条~276条の規定は地上権で準用されている。

(4)過去問の番号:民法では直接にはないと思います。

(5) 借地借家法が終わり永小作権に入りました。永小作権は民法では基本的に出題されていないようです(不動産登記では出てます)。ただし、模試や答練では、見ることはあります。優先順位は高くないですが、270条、登記事項になる272条(不登で既出)、地上権で準用されている274条~276条、存続期間を定めた278条あたりをを見ておいても良いかも知れません。
スポンサーサイト

別窓 | 民法物権 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<民法 第280条(地役権の内容)  | 虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ! | 借地借家法 第38条(定期建物賃貸借) 第39条(取壊し予定の建物の賃貸借)>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。