虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ!

司法書士試験、行政書士試験等向け。javaScript版の穴埋め条文、判例。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

借地借家法 第38条(定期建物賃貸借) 第39条(取壊し予定の建物の賃貸借)

第38条(定期建物賃貸借) 
1 期間の定めがある建物の賃貸借をする場合においては、公正証書による等書面によって契約をするときに限り、第三十条の規定にかかわらず、契約の更新がないこととする旨を定めることができる。この場合には、第二十九条第一項の規定を適用しない。
2 前項の規定による建物の賃貸借をしようとするときは、建物の賃貸人は、あらかじめ、建物の賃借人に対し、同項の規定による建物の賃貸借は契約の更新がなく、期間の満了により当該建物の賃貸借は終了することについて、その旨を記載した書面を交付して説明しなければならない。
3 建物の賃貸人が前項の規定による説明をしなかったときは、契約の更新がないこととする旨の定めは、無効とする。
4 ~7 略

第39条(取壊し予定の建物の賃貸借)
1 法令又は契約により一定の期間を経過した後に建物を取り壊すべきことが明らかな場合において、建物の賃貸借をするときは、第三十条の規定にかかわらず、建物を取り壊すこととなる時に賃貸借が終了する旨を定めることができる。
2 前項の特約は、同項の建物を取り壊すべき事由を記載した書面によってしなければならない。

重要度:2

メモ書き:
(1)借地借家法38条1項の定め「特約 契約の更新がない」と借地借家法39条1項の定め「特約 建物を取り壊すことになる時に賃貸借終了」は、登記事項となるので一応掲げておきました。
(2)また、38条1項の公正証書による等と、39条2項の書面は添付書類となります。

(3)過去問:直接にはないと思います。

(4)不動産登記法で登記事項になるので書きましたが、不動産登記法でも出ていないようですので、登記事項であることの認識があればそれ以上は良いのかも知れません。
スポンサーサイト

別窓 | 借地借家法(抄) | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<民法 第270条~第279条 | 虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ! | 借地借家法 第31条(建物賃貸借の対抗力等)>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。