虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ!

司法書士試験、行政書士試験等向け。javaScript版の穴埋め条文、判例。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

借地借家法 第31条(建物賃貸借の対抗力等)

第31条(建物賃貸借の対抗力等)
1 建物の賃貸借は、その登記がなくても、建物の があったときは、その後その建物について物権を取得した者に対し、その効力を生ずる。
2 民法第五百六十六条第一項及び第三項の規定は、前項の規定により効力を有する賃貸借の目的である建物が売買の目的物である場合に準用する。
3 民法第五百三十三条の規定は、前項の場合に準用する。

重要度:2

メモ書き:
(1)第1項が建物賃貸借の対抗要件が建物の引渡であることを規定。2項3項は参考程度。
(2)借地権の対抗力は第10条1項参照。

(3)過去問:直接にはないと思います。

(4)追記:
重要だと思ってましたが、不思議と過去問はないようです。でも借地借家法10条1項同様民法177条の例外に当たるので知っておいた方が良いように思います。
スポンサーサイト

別窓 | 借地借家法(抄) | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<借地借家法 第38条(定期建物賃貸借) 第39条(取壊し予定の建物の賃貸借) | 虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ! | 借地借家法 第29条(建物賃貸借の期間)>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。