虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ!

司法書士試験、行政書士試験等向け。javaScript版の穴埋め条文、判例。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

借地借家法 第29条(建物賃貸借の期間)

第29条(建物賃貸借の期間)
1 期間を とする建物の賃貸借は、 建物の賃貸借とみなす。
2民法第604条の規定は、建物の賃貸借については、適用しない。

重要度:2

メモ書き:
(1)1項の過去問が1問あるようなので一応書いておきました。
(2)2項の民法604条は、賃貸借の存続期間は20年を超えることが出来ないとする規定です。

(3)過去問
ビルの1室を事務所として賃借した場合,存続期間を半年と定めたときはその定めは無効であり存続期間は1年とされる。
(期間の定めがないものとみなされる)[2-17-5]

(4)追記:
期間関係はややこしいので一覧表にしておくと良いかもしれません。地上権の民法の規定は268条、賃借権の民法の規定は604条、借地関係については、借地借家法、3条、4条当たりを参照してください。
スポンサーサイト

別窓 | 借地借家法(抄) | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<借地借家法 第31条(建物賃貸借の対抗力等) | 虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ! | 借地借家法 第23条(事業用定期借地権等) >>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。