虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ!

司法書士試験、行政書士試験等向け。javaScript版の穴埋め条文、判例。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

民法 第269条の2(地下又は空間を目的とする地上権)

第269条の2(地下又は空間を目的とする地上権)
1 地下又は空間は、 を所有するため、上下の範囲を定めて地上権の目的とすることができる。この場合においては、設定行為で、地上権の行使のためにその土地の使用に を加えることができる。
2 前項の地上権は、第三者がその土地の使用又は収益をする権利を有する場合においても、その 又はこれを を有するすべての者の承諾があるときは、設定することができる。この場合において、土地の使用又は収益をする権利を有する者は、その地上権の行使を妨げることができない。

重要度:3

メモ書き:
(1)区分地上権と呼ばれる。工作物所有目的に限られるので竹木所有目的で設定できない。
(2)地下鉄や高速道路を敷設したり、高圧電線を架設する場合に利用される。
(3)土地の使用の制限とは、「何トン以上の建物を建ててはならない」や「建物を建ててはならない」とか、「高さ何m以上の工作物を建ててはならない」等。登記事項になる。ただし、土地の利用をを全面的に禁止することは出来ない。
(4)第2項により、区分地上権を設定する際に、土地の地上権者、賃借権者、永小作権者、地上権や、永小作権を目的とした抵当権者等がいる場合はこれらの者の承諾が必要。区分地上権設定登記の際には、これらの者の承諾を証する情報が添付情報として必要になる。これは登記原因についての第三者の承諾を証する情報になる。

(5)出題過去問の番号:[57-13-1, 59-14-2, 62-12-5, 3-11-4,]

(6)過去問
1. 地上の上下の範囲を定めてこれに地上権を設定するにあたっては,その地上権の行使のために,その土地の上に建物を建築しない旨の制限を加えることはできない。
[57-13-1]

2. 地上権は地下部分に限って設定することができるが,土地の賃貸借は地下部分に限って設定契約をすることはできない。
(前段:○、後段×)[3-11-4]

3. 賃借権設定の登記がある土地についても,賃借権者の承諾を得ることなく,その土地の地下の一定の範囲に工作物の所有を目的とする地上権を設定することができる。
(賃借権者の承諾必要)[62-12-5]

(7)追記:
第1項の土地を利用できる範囲、土地の使用の制限は、登記事項であり、また第2項の承諾を証する情報は、設定登記申請の際の添付情報となります。従って、不動産登記法の論点も含まれており、そういう意味でも重要であると思います。
スポンサーサイト

別窓 | 民法物権 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<借地借家法 第2条(定義) | 虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ! | 民法 第269条(工作物等の収去等)>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。