虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ!

司法書士試験、行政書士試験等向け。javaScript版の穴埋め条文、判例。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

民法 第266条(地代)

第266条(地代)
1 第274条から第276条までの規定は、地上権者が土地の所有者に定期の地代を支払わなければならない場合について準用する。
2 地代については、前項に規定するもののほか、その性質に反しない限り、賃貸借に関する規定を準用する。

重要度:2

メモ書き:
(1)274条~276条は永小作権の地代に関する規定。これが準用されている。第2項でそれ以外は賃借権の地代の規定が準用される。

(2)出題過去問の番号:[3-11-2, 11-12-ア]

(3)過去問
1. 地上権者が破産手続開始の決定を受けた場合でも,それまで地代の滞納がなかったときは,土地所有者は,地上権の消滅を請求することができない。
(276条参照)[11-12-ア]

2. 地上権の場合にも,賃借権の場合にも,地代ないし賃料の支払を要件とする有償契約である。
(地上権:地代は契約の要素でない、賃借権:賃料は契約の要素)[3-11-2]

(3)追記:
準用規定は、過去問に関連する276条を見ておけばよいと思います。274条と275条は基本的に出ていないので参考程度だと思います。
スポンサーサイト

別窓 | 民法物権 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<民法 第267条(相隣関係の規定の準用) | 虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ! | 民法 第265条(地上権の内容)>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。