虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ!

司法書士試験、行政書士試験等向け。javaScript版の穴埋め条文、判例。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

民法 第264条(準共有)

第264条(準共有)
この節の規定は、数人で所有権以外の財産権を有する場合について準用する。ただし、法令に特別の定めがあるときは、この限りでない。

重要度:2

メモ書き:
(1)所有権の共有の規定は、所有権以外の財産権にも準用される。所有権以外の財産権の権利者が複数いる場合を準共有と呼んでいる。

(2)出題過去問の番号:直接にはないと思います。

(3)追記:
準用されるという認識があれば、但し書きを含めて特に気にしなくても良いと思います。
これで、所有権は終わりです。次から地上権に入っていきます。
スポンサーサイト

別窓 | 民法物権 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<民法 第265条(地上権の内容) | 虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ! | 民法 第263条(共有の性質を有する入会権)>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。