虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ!

司法書士試験、行政書士試験等向け。javaScript版の穴埋め条文、判例。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

民法 第364条(指名債権を目的とする質権の対抗要件)

第364条(指名債権を目的とする質権の対抗要件)
指名債権を質権の目的としたときは、第467条の規定に従い、第三債務者に質権の設定を し、又は第三債務者がこれを しなければ、これをもって第三債務者その他の第三者に対抗することができない。

重要度:4

メモ書き:
(1)指名債権に対する質権の設定の対抗要件は、467条(債権譲渡の対抗要件)に準じた通知承諾。

(2)判例
1. 譲渡質入禁止の特約のある債権を目的とする質権の設定は、質権者がその特約の存在を ときに限り、質権が有効に成立する(大判大13・6・12)[19-18-ア, 14-7-ウ]。

2. 指名債権の質入は、第三債務者が承諾したときから第三債務者その他の第三者に対抗することができ、第三債務者はその後質権設定者に対して取得した債権をもって質権者に相殺を主張すること (大判大5・9・5)[63-5-5, 61-6-5]。

3. 指名債権に対する質権設定を第三者に対抗するための要件としての第三債務者に対する通知またはその承諾は、質権者を具体的に して行わなければならない(最判昭58・6・30)[14-7-オ]。

(3)出題過去問の番号:[61-6-5, 62-14-1, 63-5-5, 14-7-ウオ, 19-18-ア]

(4)過去問
1. 指名債権をもって質権の目的としたときは,その設定を第三債務者に通知し,又は第三債務者が承諾しなければ,その設定を第三債務者に対抗することができない。
[62-14-1]

2. 譲渡禁止特約が付されている指名債権を目的とする質権の設定を受けた者は,当該指名債権に譲渡禁止特約が付されていることを知っていたとしても,有効に質権を取得することができる。
(上記判例1参照)[19-18-ア]

3. 質権の目的である債権の債務者は,質権設定者から質権設定の通知を受けた後に質権設定者に対して取得した債権をもって質権の目的である債権と相殺しても,質権者に対抗することができない。
(上記判例2参照)[61-6-5]

4. Aは,Bに対して100万円を貸し付け,その貸金債権を担保するために,BがCに対して有する50万円の賃金債権に質権を設定した。BC問の貸金債権に対するAの質権設定を第三者に対抗するための要件であるCの承諾は,質権者がAであることを特定して行われなければならない。
(上記判例3参照)[14-7-オ]

(5)追記:
久しぶりに判例が出てきました。いずれも過去問の根拠として出題されています。条文も重要なので、しっかり押さえておきたいところです。

別窓 | 民法物権 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
BACK | 虫食い民法条文、虫食い判例で資格試験を突破せよ! | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。